最新情報

2016/03/31 <リニューアルのお知らせ>
ホームページをリニューアルしました。
今後とも宜しくお願い致します。


2014/07/23 <求人募集のお知らせ>
現在、「歯科衛生士」の方を募集しております。
お手数ですが、詳細は直接お電話にてご連絡下さい。


2011/12/26 <お車でお越しの皆様へ>
当院では近隣のタイムズならびにリパークの駐車券(200円のみ)をご用意いたしておりますので、そちらをご利用ください。 なお、他のコインパーキングにつきましては、各自ご負担下さいますよう、お願い致します。
当局の指導により、チケットのみの扱いとなりましたこと、悪しからずご了承ください。


初診の方へ
歯周病のある場合
症例紹介
Q&A 答えますあなたの疑問・不安
歯並びの種類
ともも
ともも健康コラム 連載:矯正歯科

アクセスマップ

■保田矯正歯科
兵庫県西宮市甲子園口3-20-3 丸関ビル2F

院長BLOG
お役立ち情報

お電話でのご相談は
ご質問等お気軽にご相談ください

0120-87-3015
0798-66-3015

保田矯正歯科の特徴

さて、ここで当院の特徴を紹介しましょう。
私どもには大きな3本の柱があります。


 1  学童期の上顎の拡大

 2  歯周病やむし歯のケア

 3  アンカースクリュー


1.学童期の上顎の拡大

学童期児童の咬合異常の大きな原因の一つは“口呼吸”です。当院では、狭くなった上顎の拡大を行うことで、“鼻呼吸”がしやすくなる事実に着目しています。そうすることで“口呼吸”で損なわれてきた舌位の改善や顔面部の骨、筋肉の健やかな成長を取り戻すことができるようになると考えております。

見かけの改善も大事ですが、不正咬合の本質的な原因を取り除くこと、これこそが、学童期の矯正治療において、もっとも大事なことだと考えております。 

2.歯周病やむし歯のケア

二つ目のお口の“ケア”にも力を入れております。成人の矯正歯科治療をうまく達成するには歯周病の管理が不可欠であることは言うまでもありません。当院では単なる歯磨き指導だけではなく、必要に応じて、プロービングやX線撮影といった歯周病の検査はもちろんのこと、歯周ポケット内の歯石の除去や根面の滑沢化といった歯周病の初期治療まで守備範囲にしておりますので、安心して矯正歯科治療を受けていただけます。もちろん、学童期の子供たちのむし歯予防も怠ってはおりません。必要があれば細菌を培養してカリエスリスク判定を行い、予防の動機付けも行います。適宜フッ素塗布などもいたします。

来院毎にスタッフがPTC(器械的な歯の清掃)を行うのは当然ですし、必要な時にはスケーリングも行います。そうすることで、お口の中をよりよい状態を維持しながら矯正歯科治療を進めて参ります。

歯周病のある場合

3.アンカースクリュー

アンカースクリューとは、チタン製の細いネジで、歯を動かす時の固定源として、いわば骨に杭を立てるような感じで使用しています。痛そうな感じですが、まったく痛くありません。このアンカースクリューにより、大きなメリットがもたらされました。
それは歯を動かせる範囲が大幅に広がり、予知性も高くなりました。そのため従来は骨を切る手術を併用していた咬合異常に対して、場合によっては手術をしなくても相当の結果を出すことができるようになりました。要するに歯列全体を動かすことが簡単に可能となったわけです。

また、治療の体系がシンプルになりました。従来、最も困難とされていた大臼歯の圧下(骨の中に沈めるような動きのこと)などはヘッドギアという装置をほとんど一日中装着せねば達成されなかったのですが、このスクリューを用いることで、いとも簡単に達成されるようになりました。また、前歯を引っ込める際なども奥の歯を手前に移動させない様にするにも長時間のヘッドギアの装着が求められましたが、そのような煩わしさから解放されるようになったのも大きなメリットです。

ブレースの選択については、従来より、よりいいものを取り入れてきました。最近では“デーモン”に代表されるセルフライゲーションのブレースや、摩擦の少ないブレースを積極的に用いることで、更に利便性を提供できるようになりました。

他にも先進的な技術であるインダイレクトボンディング法(よりきれいな位置に歯が並ぶよう、ブレースをあらかじめ各個人の模型に張り付けて、それを口腔内にトランスファーする方法)を用いて、ブレースの装着をするケースもあります。この手法については、当院の保田好隆がオリジナルの手法に手を加えてより精度の高いものに改良し、一冊の本にもまとめています。
また、治療の際には個人固有の顎関節の位置を考慮して咬み合わせを構築するよう心がけております。
炭酸ガスレーザーも導入し、この装置による除痛効果を提供したり、また従来困難だった、ある種のセラミックのブレースの撤去も簡単になりました。
PTCの効果を上げるためにチェアサイドでも音波ブラシを採用しています。患者さんによっては家庭用の音波ブラシの使用をお勧めしています。
以上、いろいろな特徴を紹介してきましたが、矯正歯科学会の認定医、指導医と歯科衛生士との強力なチームワークの良さも大きな特徴の一つです。

アンカースクリュー

保田矯正歯科の特徴

鼻づまりやアデノイドなどによる口呼吸が不正咬合に影響していることはご存知でしょうか?私どもでは、学童期の口呼吸の弊害を重視し、鼻呼吸がし易くなるような装置の選択をしています。 

ブレースを全顎に接着剤を使って装着する、これは矯正歯科治療では当たり前の事ですが、正確な位置決めは意外と難しいものです。この作業を、模型の上で行えば、口腔内という制約がなくなるため、簡単でより正確なものが得られます。そして、それをそっくりそのまま、口の中に移動して、装着すれば、簡単に正確に装着することができます。この手法、インダイレクトボンディングといいますが、当院ではエッジワイズ装置を用いる該当ケースに、この方法を採用しています。 

エッジワイズ装置を用いて歯を移動させるときには、綱引きと同じで、前後の歯同士で引っ張りあいをします。しかし、後ろの歯は前に移動させたくない場合も多々あって、そのために、アンカーという固定源の確保が治療の出来不出来を決定する要因になっていました。そのため、従来は成人であってもヘッドギアの装着を要求しておりましたが、最近はアンカースクリューというチタン製のいわばネジくぎのようなものが開発されて、それを用いることで煩わしい固定の確保から術者も患者さんも解放されました。

また、従来ほとんどできなかった歯の移動も可能となり、エッジワイズ装置単独での治療の範囲が飛躍的に向上しました。もちろん、用が済めばアンカースクリューは外しますし、感染も疼痛もありません。 

ブレースを装着して初めて歯に力がかかるときなど、必ず痛みを伴います。それで、それは単に我慢してくださいとだけ言うのではなく、CO2レーザーを当てて、歯根膜で生じる痛みを極力少なくしています。もちろん、出力を上げることで、従来時間を要したある種のセラミックブラケットの撤去にも威力を発揮します。口内炎の治療やその他色々使える優れものです。 

特にブレースの付いた患者さんにとって、毎日の歯ブラシは大変なものです。お家でのブラッシングの方法については、二種類の歯ブラシを用いた方法を衛生士を通じて説明いたしますが、来院時には毎回ワイヤーを外して、器具の周りやワイヤーの直下などの磨きにくい場所も含めて、音波ブラシを用いてきれいにさせてもらいます。もちろん、必要な患者さんにはPMTCもお勧めさせていただいています。
PTC:Professional Tooth Cleaning
PMTC:Professional Mechanical Tooth Cleaning 

 顔や歯全体を撮るレントゲンはデジタルのものを使用していますので、被爆量もわずかですし、従来のものより情報量が飛躍的に増加しました。

器具の消毒に関しましては、オートクレーブによる高圧水蒸気滅菌のほか、それにかけられない刃物やプラスティックなどのものはホルマリンを用いたガス滅菌器を用いています。

ブレースは患者さんのお好みで、目立ちにくいセラミックのものもお選びいただけます。