知っておいて戴きたい事柄 いわゆるリスクと副作用

矯正歯科治療を始める前に知っておいていただきたい事柄

━ いわゆる一般的なリスクと副作用 ━

矯正歯科治療においては大きく二つの様式があります。一つは学童期などで顎の骨に対して力をかけて、顎の骨の改造を図るものと、もう一つは歯牙そのものに弱い力をかけて、歯そのものを動かすものです。前者の場合は、大きな力をかけるのが一般的なのですが、それによる痛みはほとんどありません。ただ成長をコントロールする場合、器具を使用しなければ効果は全く期待できませんし、また、成長のポテンシャルが大きい場合には、期待していた結果が得られないこともあります。
一方、歯牙を動かす場合には、初めに歯根を取り巻くクッションのような歯根膜に力がかかり、必ず炎症反応が出ます。これにより、歯が動き出すのですが、その際に多少の痛みを生じるのです。これは個人差があり、咬みにくかったと表現される方もいれば、むちゃくちゃ痛かったとおっしゃる方もあります。ただ、二日から数日でそのような痛みは消失するのが一般的です。
また、口腔内に大なり小なり装置が入りますので、馴れるまで違和感があります。しゃべりにくい、食べにくい、水も飲みこみにくい等とおっしゃいますが、これもすぐに馴れてきます。
当院では動的治療には、ほとんど固定式の装置を用いますが、当然のことながら歯が磨きにくくなります。きちんと歯磨きの指導をしたり、使いやすいツールもお渡ししておりますが、それでもうまくできない場合は、むし歯や歯周病の原因になることもあります。当院では来院されるたびにPTC(衛生士による歯の清掃)を行っておりますが*、どうしても家庭できちんとできない場合には、矯正装置をいったん外して様子を見る場合もあります。
歯に装着した装置が何かのはずみで取れてしまうこともあります。そこそこの接着強度を有する材料を用いておりますが、悪条件が重なると外れてしまうこともご理解ください。
ごく稀ですが、歯を動かしている時に、歯根吸収して、歯根が短くなることがあります。
また、以前に受けた外傷等が原因で、歯根が歯槽骨に癒着してしまっている場合は、歯を動かすことはできません。そのような場合は治療計画の変更をすることになります。
矯正歯科治療で歯を動かしている過程で、咬み合わせが変化して、顎の関節で音が鳴る、関節の付近が痛い、口が開けにくい等の顎関節症状が出ることもありますが、このような場合には、顎関節の症状が収まるまで、矯正治療を一時的に中断する場合もあります。
歯をきれいに並べるために、歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性もあります。 
 口腔内に入る装置には、ニッケルやコバルト、クロムなどの金属が使われていることがしばしばありますが、金属アレルギーをお持ちの方は事前にお申し出ください。
 また、頭部のMRI撮影などが必要になると、一時的に口腔内の装置を外さなければならないことがありますので、その点もご承知おきください。
細心の注意を払っていても、装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損してしまう可能性があります。
動的治療が終了して、いい状態を維持するための保定装置を指示通り使わなければ、後戻りしてしまうことも、しばしば見られますので、お気を付けください。再治療の可能性もあり、時間とお金の無駄が生じることになってしまいます。
転勤の可能性がある場合には、矯正歯科治療が中途半端な状態で転医しなくてはならないこともありますので、事前にご相談ください。
成長期にある患者さんの場合、診断の時に予測していたよりも多くの成長が治療中に生じたり、あるいは、望んでいた成長が得られなかったりすることがあります。このような場合には、新たな治療方法を提案させていただくことになります。

当院では、当日の診療内容をご本人、あるいはご父兄の方に、お知らせし、翌日痛くなりそうな場合にはそれもお伝えしております。歯磨きが不十分な場合には、ご本人への指導はもちろんのこと、家庭でもきちんと時間を取っていただくよう、お願いしております。