大人の矯正治療

大人の矯正(成人矯正)

大人の矯正(成人矯正)

成人矯正とは、大人になってから始める矯正のことです。昔は、矯正治療というと子供が行うものというイメージが強かったのですが、最近では矯正治療も多様化し、ニーズにあう矯正治療を選択できるようになってきました。子供との大きな違いは、成長発育がないことです。歯だけ動かせば良いのです。

選べる矯正装置

矯正装置の種類には、以下のようなものがあります。

表側にブレースをつける一般的なもの

      1.目立ちにくいセラミックのもの
      2.デーモンに代表される摩擦の少ないタイプ
      3.リーズナブルなメタルのブレース
      ※裏側にブレースをつける舌側矯正(当院は現在では扱っていません)


    症例は制限されますが、ブレースを使わない着脱式の装置(クリアアライナー)

    ずいぶん前に矯正治療をしたんだけれど、少し戻ってしまって、・・・
     でも、今更、ブレースをつけるなんてという方に使えることがあります。

いずれも一長一短があって制約もありますので、ケースバイケースの対応となります。

 

選べる矯正装置

「矯正は子供の時にやる治療」なんて思っていませんか?
実は大人の方でも遅くはありません。歯並びに悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度矯正歯科専門の保田矯正歯科にご相談ください。

確かに大人は骨の成長のコントロールはできませんし、大人の骨は子どもに比べて硬く、新陳代謝も悪いので、歯は動きにくいです。
しかし、矯正治療による歯の移動というのは、ワイヤーやゴムによる弱い矯正力を歯根膜(歯根のまわりの線維)に作用させるものです。
つまり、たとえ虫歯の治療で神経が除去されていても、金属やセラミックの冠が被せてあっても、歯周組織が健康ならば何歳でも矯正治療を受けることができるのです。

また、大人の方が矯正治療を希望される理由のほとんどは、"見た目をよくしたい"というものです。しかし、矯正治療によって得られるものはそれだけではありません。
精神的にもよい効果が得られるだけでなく、歯ブラシがやり易くなるので、歯周病の予防にもなるのです。

矯正治療と歯周病の関係

矯正治療と歯周病の関係

大人の矯正治療で大切なことは、"歯周病対策をしっかりしている"ということです。

矯正治療は、歯を支えている骨を改造することで、歯を移動させる治療です。そのため歯周病を患っている状態で治療をすると、新しくできる骨よりも、壊れる骨の方が多くなり、かえって歯周組織にダメージを与え歯周病が進行し、歯は並んだものの歯がグラグラしてしまったりと、深刻な問題に発展するケースも見受けられます。

現在、子供から大人まで日本人の多くの方が歯周病を患っているといわれています。そのため、日頃からの歯周病予防・治療が必要になってくるのです。 私たちは歯周病の予防や治療にもしっかり取り組んでいます。お気軽にご来院ください。

部分矯正

一般的な歯科処置を行う際にその前準備として倒れこんだ歯を起こしたりすることもあります。これは、他院の先生とのコラボレーションということになります。
全部に装置をつけるのではなくて、歯列の一部分だけに装置をつけたり、アンカースクリューを併用することも多いです(LOT)。