最新情報

2016/03/31 <リニューアルのお知らせ>
ホームページをリニューアルしました。
今後とも宜しくお願い致します。


2014/07/23 <求人募集のお知らせ>
現在、「歯科衛生士」の方を募集しております。
お手数ですが、詳細は直接お電話にてご連絡下さい。


2011/12/26 <お車でお越しの皆様へ>
当院では近隣のタイムズならびにリパークの駐車券(200円のみ)をご用意いたしておりますので、そちらをご利用ください。 なお、他のコインパーキングにつきましては、各自ご負担下さいますよう、お願い致します。
当局の指導により、チケットのみの扱いとなりましたこと、悪しからずご了承ください。


初診の方へ
歯周病のある場合
症例紹介
Q&A 答えますあなたの疑問・不安
歯並びの種類
ともも
ともも健康コラム 連載:矯正歯科

アクセスマップ

■保田矯正歯科
兵庫県西宮市甲子園口3-20-3 丸関ビル2F

院長BLOG
お役立ち情報

お電話でのご相談は
ご質問等お気軽にご相談ください

0120-87-3015
0798-66-3015

歯周病のある場合

歯周病

これはプラークや歯石の中にいる歯周病菌が歯周組織に惹き起こす病気です。初めは歯肉に炎症が起こりますが、この段階できちんと歯磨きができてプラークが取り除かれ、スケーリングで歯石がきちんと除去されると、正常な状態に回復します。しかし、一度歯周組織の破壊が始まりますと、これは元の状態には回復できません。厄介なことに痛みも無く進行してしまうのです。こうなれば手当てをしても、現状をキープするということが精一杯なります。もちろん、歯周外科の骨再生等の技術をもってすれば回復はしますが、これにはかなりの時間とコストがかかってしまいます。

ですから、歯周病にかからないように普段から気をつけなくてはなりません。それには歯磨きを上手にすること、それでも着いてしまった歯石をきれいに取ってもらうことが必要になります。また、歯肉溝と呼ばれる歯と歯茎の間の溝に溜まった歯石は見過ごされがちですが、これを徹底的に除去して、また着きにくくしてあげることが歯周病の予防にとってとても大事なことです。
矯正治療は歯に力をかけて骨を壊したり新たに作ったりして歯を動かしていく治療ですが、この歯肉溝に歯石を残したままにしていると骨の破壊の方が大きくなり、きれいに並んだのにぐらぐらしているという悲惨な結末を迎えることにもなりかねません。
きちんとした歯ブラシの習得、定期的な歯石のチェック、これらは矯正歯科治療において、必須の条件なのです。